COKON LABイメージ


シルクに秘められた可能性


NSP工場の特徴・1


NSP工場の特徴・2

熊本県・株式会社あつまるホールディングス(本社:熊本県熊本市、代表:島田 敏子)は、クラウドファンディングサイト CAMPFIREにて、国産シルクを配合したボディケアブランド「COKON LAB(名称:ココン・ラボ)」(事務局:伊藤忠ファッションシステム株式会社、公式HP: https://cokonlab.jp/ )のクラウドファンディングを立ち上げました。
今回集まった支援金は、熊本豪雨災害により被害を受けた桑園の復旧作業と、今後のCOKON LAB展開における新商品開発費用に一部利用し、みなさまに更なる「やまがシルク」の素晴らしさをお伝えしていくことを目的とします。希少な国産シルクを使ったボディケア商品「COKON LAB」で、人々の肌にも暮らしにも潤いをもたらし、九州・熊本県を元気にしていくことを目標にしています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_1.jpg
COKON LABイメージ

<詳細とクラウドファンディングページはこちら>
https://camp-fire.jp/projects/view/320692


■COKON LABの紹介
「COKON LAB」は、2014年からスタートしている新シルク蚕業プロジェクト「SILK on VALLEY」(公式HP: https://silk-on-valley.atsumaru.jp/ )からはじまり、長年培ってきた日本が誇るシルク研究・技術を活かしながら、熊本県山鹿市内で養蚕とシルク産業を新たに興し、将来的には世界のシルク産業と連携することで、世界に誇る日本の新たなるシルク産業を築いていくことを目標に立ち上がったブランドです。
2019年より全国販売を本格的にスタートさせ、ヨーロッパを中心に海外でも展開を拡充させています。また、これら国内のPR、ブランディングは伊藤忠ファッションシステム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:駒谷 隆明)が手掛け、「やまがシルク」や「COKON LAB」の展開を全面的にサポートしています。


■やまがシルクの紹介
かつては国内で養蚕が盛んな時代があり、一時期は日本の輸出品の8割以上を生糸が占めていましたが、現在では国内に流通するシルクのほとんどが海外からの輸入で賄われています。今や国内での養蚕・製糸業の時代は幕を閉じかけていることを危惧し、熊本県・山鹿市内でシルク産業の復興と発展を目的に一大プロジェクトとしてスタートしました。

【やまがシルクが目指す目標】
1. 桑園・工場の拡大による遊休地・耕作放棄地の解消
2. 工場の稼動、関連産業が集積することで生まれる地元雇用の創出や、若者などの定住促進
3. 地場企業などと連携した6次産業化の推進や地域産業の活性化
4. 世界に誇れる新たな付加価値と高機能を備えた『やまがシルク』によるジャパンブランド力の向上と交流人口の増加

養蚕工場での直接的な雇用増などの効果だけでなく、山鹿市における「まち・ひと・しごと」づくりの全てに寄与する、まさに地方創生のモデルとなる取り組みへと育てていきたいと考えています。
その目標を達成するために、繭を作り出す蚕が食べる“桑の葉”を山鹿市でオーガニック栽培するところから始め、山鹿市や有名大学とも連携を図り、『周年無菌大規模養蚕プラント(NSP山鹿工場)』を整備しました。世界的にみても最新鋭・最大規模の周年無菌養蚕工場であり、そこで作られる「やまがシルク」は無農薬オーガニックで安心・安全、そして何より非常に質が良いシルクとなりました。

【シルクに秘められた数限りない可能性】
最近の研究により、シルクには幅広い用途と、遺伝子組換等による新たな機能の追加が可能であることが見えてきました。これはシルクの未来を明るく照らす発見で、用途や飛躍的改良の可能性が、多くの研究者や企業を惹きつけています。
用途で言えば、繊維にとどまらず、食品から医薬品、自動車のパーツまでシルクで作れると言われています。組換技術を使えば、これまでにない画期的医薬品や、全く新しい価値をもった素材が生まれると期待されているのです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_2.png
シルクに秘められた可能性


■NSP山鹿工場の特徴
1. 世界初、最大級の養蚕施設
NSP山鹿工場の敷地面積は、13,732m2、建物の延床面積は、4,174m2/1,260坪。工場内部には、カイコの餌となる桑葉を加工して人工飼料にする最新設備も備わっており、人工飼料の調製・開発から繭の生産までを一貫して行うことができるなど、世界的にみても最新鋭・最大規模の周年無菌養蚕工場です。

2. 完全無菌環境の空調で管理された最先端の飼育設備
カイコは、病気にとても弱い生物で、その飼育環境次第では繭の生産効率を大きく左右します。このNSP山鹿工場では、従来の技術をさらに改良した最新の設備を導入し、常温・常湿・無菌レベルを調整可能とするなど、カイコの飼育に合わせた最適な環境を作りだすことができます。その内部は、クラス10,000のクリーンレベルを誇ります。

3. 年間を通した養蚕が可能
養蚕に必要不可欠な桑の葉は、春から秋までしか収穫ができないこと、またカイコも冬場の低温期では飼育できないなど、従来の養蚕では季節的な制限があり、年間で3回程度の収繭しかできませんでした。しかし、このNSP山鹿工場では、桑葉を粉末にして貯蔵する設備と、飼育室の温度・湿度を一定に保てる空調設備を備え、年間を通して24回以上の収繭が可能となります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_3.jpg
NSP工場の特徴・1

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_4.jpg
NSP工場の特徴・2

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_5.jpg
NSP工場の特徴・3


■NSP 山鹿工場で生産される繭の魅力
1. All made in YAMAGA./飼料となる桑から、繭まで全て山鹿産です
2. Almost 100% organic./桑栽培を始め、全養蚕工程で農薬などの化学薬品を一切使用していません
3. Production in Clean Room./完全無菌環境で生産された非常に高品質の繭です
4. Local Friendly./山鹿の歴史の継承と、未来の発展を願って創られたものです

しかし、2020年7月に九州、特に熊本県内で起きた豪雨災害により、甚大な被害が出ました。「やまがシルク」の源ともなる桑園も、土砂崩れで大木がなぎ倒され道が塞がる箇所もありました。その被害総額は大きく、今も復旧作業が難しい状況です。「なるべく早く、桑園を本来の姿に復旧させたい。」そんな従業員の想いも、このプロジェクトを立ち上げた大きな目的のひとつです。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_6.jpg
現在の桑園の様子

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_7.jpg
本来の天空桑園


■天空桑園
山鹿市小坂地区の標高600 メートルの山上に広がる農地面積約25ヘクタールの巨大桑園。この山上の農地(天空桑園)は、当初牧草地として造成された数年間以降、2014年までの二十数年の間、荒れ果てた耕作放棄地となっていました。その荒れた広大な畑地を桑園として造成したのには、理由があります。
それは、山鹿市内の耕作放棄地、遊休農地をひとつでも多く再生し、優良農地として甦らせること。さらに、農薬の影響を非常に強く受ける養蚕業において、平地から桑園まで遠く離れていることで殆ど農薬の影響を受けずに、カイコに優しいオーガニックな桑の葉を育てる事が可能なためです。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_8.jpg
天空桑園について


■無菌養蚕「やまがシルク」配合のボディケアブランド「COKON LAB」とは?

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_9.jpg
COKON LABイメージ・2

シルクのタンパク質は人の肌を構成するタンパク質とアミノ酸構造が似ているので、肌に馴染みやすいことが特徴です。また、シルクに含まれるアミノ酸には、天然保湿因子であるセリンなどが豊富に含有されているため保湿性が発揮されます。この保湿力はこれまでにも多くの商品で活用されており、シルクの持つ保湿性は、すでに世界で多くの商品で実証されています。
熊本県・山鹿市で生産されている「やまがシルク」は、天然保湿因子であるセリンの含有量が、最大で一般のシルクの20倍程度高い可能性があることがわかりました。理由は、無農薬桑園で採れたオーガニックな桑の葉を独自の人工飼料として活用した無菌養蚕方法にあります。農薬を用いて栽培された桑には含まれない、カイコを元気に育てるための天然成分が結果として保湿因子向上に貢献していると考えられているのです。
そこで誕生した美容アイテムが「COKON LAB(ココン・ラボ)」です。「やまがシルク」に含まれるセリンは、その保湿力が一層高まり一般の養蚕繭の10~30倍もあることが期待されています。その他ヒスチジンや、尿素の値においても、他の養蚕方法を圧倒する頻度で天然保湿因子が検出されており、細胞検査においても、実際に他のシルクよりも肌への保湿力が高いことが証明されています。これは、やまがシルクの独自の養蚕技術から生まれた「人工飼料」の成分が影響しているため、他の繭では実現できない大きな強みです。

WEBサイト: https://cokonlab.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/cokonlab/

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_10.jpg
「やまがシルク」の強み


■COKON LABについて
【特徴】
◆置いておくだけで可愛いパッケージデザイン
◆国産「やまがシルク」と植物エキスベースでナチュラル成分90%以上を配合!
◆6つの無添加で、お子様でも安心してお使いいただけます◎
(アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・着色料・合成香料すべて無使用)
◆こだわってブレンドしたアロマオイルを2種類使用し、極上のリラックスタイム♪
◆海外ヨーロッパでもシルクケアが人気沸騰中!


画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_11.jpg
COKON LABの特徴・1

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_12.jpg
COKON LABの特徴・2


【2種類の香りのご紹介】
(1) REVE BLANC(レーヴブラン)
イランイランやラベンダー等の香りを配合し、自律神経を整えます。
落ち着きのある光と森の香り。
薄暮に染まった黄昏時、疲れた身体とこころに癒やしの一時を。
※「REVE BLANC」の「E」はサーカムフレックスを付した文字となります。

画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_13.png
香り紹介 REVE BLANC


(2) BLANC PLUME(ブランプリュム)
フランキンセンスの香りとシトラス系の香りを配合。
軽やかで甘さのある果樹の香り。
朝日とともに、一日の始まりにフレッシュな香りで心に安らぎを。

画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_14.png
香り紹介 BLANC PLUME


■当該プロジェクトのリターンについて
下記の商品をそれぞれお届けいたします。CAMPFIREクラウドファンディングのご支援特典といたしまして、10~20%割引、消費税込+送料無料とさせていただきます。11月中旬より順次発送予定です。

(1) 固形石鹸(無香料) ¥2,200→【10%OFF】¥1,980
(2) 石鹸2個入りセット(REVE BLANC・BLANC PLUME)
¥4,400→【10%OFF】¥3,960
(3) ボディウォッシュ・ローション各280mlセット(REVE BLANC)
¥4,950→【10%OFF】¥4,208
(4) ボディウォッシュ・ローション各280mlセット(BLANC PLUME)
¥4,950→【10%OFF】¥4,208
(5) ボディウォッシュ・ローション各480mlセット(REVE BLANC)
¥7,150→【20%OFF】¥5,720
(6) ボディウォッシュ・ローション各480mlセット(BLANC PLUME)
¥7,150→【20%OFF】¥5,720
(7) ボディウォッシュ・ローション・固形石鹸各480mlセット(REVE BLANC)
¥9,350→【20%OFF】¥7,480
(8) ボディウォッシュ・ローション・固形石鹸各480mlセット(BLANC PLUME)
¥9,350→【20%OFF】¥7,480
(9) ボディウォッシュ・ローション・固形石鹸各480mlセット(REVE BLANC・BLANC PLUME)+固形石鹸(無香料)
¥20,900→【20%OFF】¥16,720

画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/226432/LL_img_226432_15.jpg
リターンについて


【クラウドファンディングサイト CAMPFIRE】
https://camp-fire.jp/projects/view/320692

【支援金の使用用途】
今回集まった支援金は、熊本豪雨災害により被害を受けた桑園の復旧作業と、今後のCOKON LAB展開における新商品開発費用に一部利用し、みなさまに更なる「やまがシルク」の素晴らしさをお伝えしていくことを目的といたします。

情報提供元:@Press
記事名:「国産シルク配合の最新ボディケアブランド『COKON LAB(名称:ココン・ラボ)』がクラウドファンディングCAMPFIREにて新プロジェクトをスタート~やまがシルクで地方創生、熊本県を元気に!~