yahoo

袋から出してそのまま食べられる国産米粉100%のシートが登場!即食・簡便化する食品市場ニーズに応える井辻食産の新商品

2020.03.09 09:30
rss @Press
マネー
コメントする
お米でつくったシート
パーティー画像
巻き方例
調理例
井辻食産株式会社(所在地:広島県広島市、代表取締役社長:井辻 龍介)は、野菜やお肉などを巻いてそのまま食べることができる国産米粉100%のシート※1「そのまま食べられる お米でつくったシート」を開発、2020年3月2日に全国で発売いたしました。
画像1:
https://www.atpress.ne.jp/releases/207547/LL_img_207547_1.png
お米でつくったシート
画像2:
https://www.atpress.ne.jp/releases/207547/LL_img_207547_2.jpg
パーティー画像
■即食・簡便化に対応した加熱いらず商品
昨今、共働き世帯も年々増加傾向にあり、食の在り方も変化してきております。
市場の流れといたしましても、即食・簡便化商品へシフトの動きがみられます。
そこで井辻食産からのご提案として“ひと手間加えるだけの簡単調理”加熱いらずそのまま食べられる国産米粉100%のシートを開発。水戻し不要で袋から出して、そのままお召し上がりいただけます。平日の時間がないときには、野菜やお肉を巻いて簡単調理。朝食時にもオススメ。週末はパーティー等、様々なシーンでご使用することができます。
また米粉専用工場で製造されているため、異物混入(コンタミネーション)の面でも、小麦アレルギーのお客様などに安心してお召し上がりいただける商品となっております。
※アレルギー特定原材料28品目不使用
画像3:
https://www.atpress.ne.jp/releases/207547/LL_img_207547_3.jpg
巻き方例
画像4:
https://www.atpress.ne.jp/releases/207547/LL_img_207547_4.jpg
調理例
■「井辻食産」とは?
昭和22年創業、今年で73年目を迎えています。製麺業からスタートし、同じ小麦粉製品である餃子皮も製造開始。現在は全国への流通も行っています。「国産米粉100%のお米の皮(餃子用)」や「国産米粉100%のお米の皮(春巻用)」等、業界に先駆け発売をし、今では主力商品となっています。
外食事業部では餃子バル「餃子家龍」を広島市内に12店舗展開しており、自社の餃子皮を使用した10種類以上の餃子や小皿料理を提供。昨今、ブームのレモンサワーに特化したアルコール構成で若い女性にも人気の居酒屋となっています。
新規事業として「お持ち帰り専門店餃子家龍(中食事業部)」を立ち上げ。自社の餃子の皮を使用し、広島の厳選された食材を使用して包餡された冷凍餃子の小売販売、ネット販売を展開。店頭では弁当や総菜の販売もしており、地域から愛されるお店となっています。
■商品詳細
商品名 : そのまま食べられる お米でつくったシート
メーカー希望小売価格: 198円(税抜)
内容量 : 6枚入り
原材料 : 米粉(国内製造)、還元水あめ、植物油脂、
麺用加工油脂(還元水あめ、植物油脂)、食塩、
含水結晶ぶどう糖/加工でん粉、酒精、ソルビット、
ショ糖エステル、pH調整剤
アレルギー物質 : なし
販売先 : 全国
■会社概要
社名 :井辻食産株式会社
代表者:井辻 龍介
所在地:〒731-0135 広島市安佐南区長束5-6-8
ホームページアドレス:
https://www.itsuji.co.jp/
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間