橋下徹、旧統一教会の名称変更問題で“前川元次官は違法”との指摘に批判続出「論点はそこじゃないのに」

8月8日放送の朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)に、元大阪府知事で弁護士の橋下徹(53)が出演。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を“擁護”しているのではないかとして視聴者から疑問の声が高まっている。
統一教会は、下村博文氏(68)が文科相だった2015年に現在の世界平和統一家庭連合に名称が変更されているが、1997年に名称変更の要望を一度却下されている。
このときに担当した当時の文化庁宗務課長だった前川喜平氏(67)は、5日に行われた野党の合同ヒアリングで「宗務課の中で議論した結果、実態が変わっていないのに名前だけ変えることはできない。認証できないと伝え、『申請は出さないでください』という対応をした。相手も納得していたと記憶している」「認証することは社会的に、悪い影響が大きいという認識を持っていた」と説明した。
この前川氏の発言を受け、橋下は「僕は前川さんの判断のほうが違法だと思ってます」とバッサリ。国のルールとして“認証”と“許可”は違うため意図的に要望を却下するのは違法だと主張したうえで、橋下は「『あぶない宗教団体は全部取り締まっていきますよ』なんて法律ができたら一体誰が判断するんですかね?」と指摘した。
さらに旧統一教会は、長年「多額の献金要求」「霊感商法」「重大な訴訟問題」などが問題視されているが、橋本は「そういうことに対してはきちっと対処していくべき」としつつも「それをひとくくりにして反カルトと認定してしまうのは、どうなんですか?」「(法律で決めるのは)危険だと思うんですよね。個別で対応していくことと、団体自体の存在を否定するのは別問題」と持論を展開させた。
しかし、この一連の発言に対しネット上からは「橋下徹氏、またまためざまし8で前川氏を批判している。論点はそこじゃないのに。名称変更に政治の圧力がかかったどうかだろう」「統一教会の高額献金要求や霊感商法と、明らかな反社団体問題にメスを入れることが急務なのに『宗教の自由』と論点ずらして擁護」「ヤベーな、橋下徹がカルト宗教を擁護しとるで」といった批判の声が集まっている。
「橋本は、5日の『ゴゴスマ』(TBS系)、7日の『日曜報道 THE PRIME』(フジテレビ系)でも前川氏を批判していましたが、国民が知りたいのは“問題のある団体”と認識していながらなぜ名称変更を認めたのか?ということと、そこにやはり何らかの癒着と忖度があったのではないか?ということです。それを橋本は前川氏を批判することで完全に話題をすり替え。そこに視聴者は違和感を覚えたようです。」(芸能ライター)
見せかけは旧統一教会についての議論と前川批判だったが、結局は「統一教会擁護」と批判を浴びた橋下だった。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...