starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

北九州・旦過市場2回目の火災 火元の元飲食店経営者に有罪判決


 北九州市小倉北区の旦過(たんが)市場一帯で2022年8月に起きた2度目の大規模火災で、業務上失火罪に問われた元飲食店経営の女性被告(63)に対し、福岡地裁小倉支部(渡部五郎裁判長)は11日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。

 起訴状によると、被告は22年8月10日午後8時25分ごろ、使用済み食用油を処理するため、調理場でフライパンに油処理剤を入れてガスコンロで加熱。他の作業に気を取られてその場を離れ、同40分ごろ発火させ、隣接する建物に燃え移らせて計29棟を全焼または一部焼損させたとされる。焼損床面積は3324平方メートルに上った。

 検察側は論告で、周辺店舗などの被害が約6億円に上ったことを明らかにし「被害結果は甚大で刑事責任は重い」と指摘。一方、弁護側は重大な被害が発生した要因として、市場にトタン屋根で覆われた古い木造建物が密集し、構造的な問題があったなどとして執行猶予付き判決を求めていた。

 被告人質問で被告は、フライパンを加熱していたガスコンロから離れた理由について、客と一緒に帰宅するため早く後片付けを終えようと作業していたと説明。「他のことをしている間に頭から抜け落ちていた」と答えた。最終陳述では「私の不注意で大規模火災を起こしてしまい、深く反省している」と述べていた。【井土映美】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.