starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

牛由来の高病原性鳥インフルエンザ ヒトに高い感染力か 東大チーム


 牛に感染したH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスは、ヒトへの感染効率が鳥由来のウイルスよりも高い可能性があると、東京大新世代感染症センターの河岡義裕機構長らのチームが発表した。マウスやフェレットに強い病原性を示すことも確認。ウイルスが変化した可能性があり、ヒトへの感染拡大が懸念される。

 チームはヒトの呼吸器細胞の受容体を使い、牛由来と鳥由来のH5N1型をそれぞれ反応させた。すると、牛由来のほうが鳥由来より結合力が強いことがわかった。「ヒトへの感染効率が鳥由来より高いことを示唆するデータだ」(チーム)という。

 牛由来のH5N1型をフェレットとマウスに感染させたところ、脳や筋肉など全身でウイルスが増殖し、強い病原性を示した。マウスに対する病原性は、ヒトの季節性インフルエンザの約1万倍もあった。フェレット間では、飛沫(ひまつ)によって感染が広がることも確認した。

 H5N1型は鳥類では感染力や病原性が非常に高いのが特徴で、2000年代に世界的流行が始まり、各地でニワトリの大量死を起こしてきた。20年以降にはさまざまな哺乳類への感染例が相次ぎ、ヒトでは28人の感染が世界保健機関に報告されているが、ヒト―ヒト間での感染例は報告されていない。一方、米国では今年3月以降、乳牛への感染が急拡大。熱処理していない牛乳を介したヒトへの感染が牧場で起きている。

 河岡さんは「ウイルスの性質が変わっている可能性が示唆された。ヒト間の感染についても、今後の推移を気にかけるべきだ」と話した。

 成果は9日付の英科学誌ネイチャー電子版(https://doi.org/10.1038/s41586-024-07766-6)に掲載された。【渡辺諒】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.