yahoo

「戻ってきてくれて奇跡と思った」 松戸の7歳女児家族がコメント

2022.10.07 11:44
毎日新聞
ニュース
コメントする
音声で聞く
 9月23日に行方が分からなくなり、今月4日に千葉県市川市の旧江戸川で遺体となって発見された松戸市の小学1年、南朝芽(さや)さん(7)の家族が7日、コメントを発表した。
 家族は「行方不明になった日から2週間が経とうとしたとき、あなたが海に近い河口付近まで戻ってきてくれたと聞いた時は、家族の誰もが奇跡だと思いました」などと遺体が発見された際の心情を記した。
 捜索活動に参加したボランティアらには「皆様のお心遣いに心から感謝を申し上げます」と謝辞を述べ、「どうか、これから私共家族がさやを無事に見送り、時に振り返りながら日々を少しずつ前に進めてゆけるように、皆様にはそっと見守っていただきたいです」としている。【長沼辰哉】
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間