不忘山 B29が相次ぎ墜落 戦争の悲劇伝える

 東京大空襲が始まった1945年3月10日午前0時過ぎを挟み、米爆撃機B29の3機が1~2時間置きに、宮城県の蔵王連峰の同じような場所に相次いで落ちるという不可解な墜落があった。「B29墜落の謎と東北空襲」の著書がある元教員で「岩手・戦争を記録する会」事務局長の加藤昭雄さん(76)=岩手県花巻市=は「全て部隊が違うし、それぞれどこへ行こうとしたのか、なぜ墜落したのか謎だらけ」と話す。
 現場は蔵王南部の不忘山(1705メートル)の南斜面と南西斜面、尾根でつながる2キロ北の屏風岳(1825メートル)の西斜面。ほとんどが20代の計34人全員が死亡した。米軍の「作戦任務報告」によると、空襲のため3月9日にサイパン島やグアム島から325機が出撃し、海上不時着などで14機を「損失」。蔵王3機はこのうちの「行方不明」に含まれているとみられる。
 この日、不忘山付近は吹雪で、これが墜落原因か。B29は気象の影響がほぼない雲の上の高度1万メートル付近を飛ぶことができたが、米軍はこの日の空襲から、低空を飛ぶように作戦を変更していた。命中精度向上や、燃料ロス低減とその分だけ多くの弾薬を搭載するためだった。
 また、この作戦で米軍は編隊を組まず、各機が東京を見失ったりした場合は、臨機応変に別の街を攻撃することにしていた。実際、青森県上北郡▽盛岡市▽仙台市▽福島県平市(現いわき市)――も空襲した。3機は東京を飛び越し、山形や秋田を目指したのか。
 不忘山南の七ケ宿村(現七ケ宿町)にある横川集落の住民の証言によると、9日深夜、1機目が通過する音が聞こえて間もなく、不忘山の中腹でパッと燃え上がる火が見えた。10日未明にも、1機ずつ計2機が山形方面に飛び去った。
 夜が明けると、1機目が墜落したと考え、消防団員十数人は雪を踏み越えて現場に向かった。米兵が怖いので、猟銃の空砲を鳴らしながら3方向から近付いたという。大破した機体があり、機内と雪上に遺体もあった。1人のポケットには、妻らしい若い女性が小さな子供を抱き、笑っている写真があった。西の風上から油のにおいがし、もう1機墜落が想像された。
 12日には毎日新聞記者が現場に入り、14日付で「B29二機蔵王へ激突 山腹を黒焦げの醜態」の見出しで報道。この時はまだ3機目が知られていなかった。「木っ端微塵(みじん)の最期を遂げた。吹きさらしの真っ只中(ただなか)。胴体の前半と右翼は焼失、発動機もめちゃめちゃ」と伝えた。夜、集落に下山すると、許可なく戦利品に触れたとして、憲兵に逮捕されたという。
 山形県教育センター(天童市)には、山形大の安斎徹教授撮影の現場写真がある。墜落から日がたっていない1機目らしい。公開27枚には、斜面に散乱する翼やエンジン、プロペラ、タイヤなどが写っている。
 墜落から数日後、住民は2機目の現場にも行き、ばらばらの機体を発見した。なぜか、墜落前にたくさんの焼夷(しょうい)弾を周囲に投下していた。3機目は、屏風岳西のブナ平に「光る物がある」などの情報を基に、6月に村長らが見つけた。
    ⬛
 遺体はそのままになっていたが、終戦後に地元住民が現場に埋葬し、標柱を立てていた。46年3月、米軍将校が3機の現場を確かめ、下山すると地元住民に遺骨を入れる箱を40個作らせた後に4回登り下りして収容したという。
 不忘山頂上の東、標高1670メートルには、住民らの「不忘会」が1961年に造った「不忘の碑」がある。自然石に、「異境の山中に果てたアメリカ空軍将兵の霊を慰め、人類永遠の平和を祈ります」と刻んだプレートがはめ込んである。建立趣意書は「異国に散ったわが子わが夫わが父を想(おも)う、遺族の心情は惻隠(そくいん)の情に堪えない。戦争の呪を解き、隣人の霊を慰め、故郷の山を浄(きよ)めたい」と訴えた。
 加藤さんは「戦争の記憶がまだ生々しい戦後十数年の時期によく建てた。日本人戦死者の碑でさえ無いこともあるのに」と話す。戦後70年の2015年には、墜落現場を遠望できる場所に地元有志が「不忘平和記念公園」も造った。犠牲者一人一人の慰霊碑があり、加藤さんが訪れた19年、その一つに、置いて間もないような、新しい米兵の写真があった。遺族が訪れたのだろうと想像した。【去石信一】
    ◇
 不忘山墜落機を含め、戦後に国の調達庁から機体回収と遺体収容を受注したのは高野組(現前田道路、東京都品川区)だった。
 社史によると、きっかけは、千葉県の木更津飛行場で滑走路の舗装工事をしていた1947年、別の場所でB29の回収をしていた別業者の支援を依頼されたこと。終戦直後で「まとまった仕事もなく、手が余っていたので引き受けた」。その後、千葉県内各地から全国に作業が広がった。600機を回収し、半数はB29だった。
 肝心なのは遺体の収容だった。土に埋まっていることが多かった機体の周囲を重機でかなり広く掘り、機体の破片が見つかると、手で慎重に掘った。遺品が出ると、周囲の土をふるいにかけ、遺骨が見つかれば僧侶を呼んで読経した。
 当時、身元の特定は遺骨ではできず、遺品が頼り。個人名を記した認識票があればたやすいが、無ければ機体やエンジンの番号から搭乗員を絞り込んだ。深い山中など人がなかなか入り込めない場所の機体は、解体して担ぎ下ろした。社史には例えば、「南アルプスは丹沢の奥のアカシ嶽」とあるが、南アの赤石岳の間違いか。「宮城県の祖母山」は宮崎県か。同社によると、社史以上の資料は残っていないとう。
 不忘山では47年8~12月と51年9~12月の2回、作業した。七ケ宿村の住民など延べ数千人を雇い、機体を分解して山麓(さんろく)に下ろした。現在、南の裾野から北の山頂に向けて真っすぐ延びる登山道は、この時にできたという。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...