ロシア軍がウクライナ東部・リマンから撤退 「より有利な戦線へ」

 ロシア国防省は1日、ウクライナ東部ドネツク州の重要拠点リマンに駐屯していたロシア軍が撤退したと明らかにした。ロシアのプーチン大統領は前日、ドネツク州を含むウクライナの東部・南部4州を併合すると一方的に宣言していたが、その翌日に要衝からの撤収を余儀なくされた形だ。
 インタファクス通信によると、ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は「(ウクライナ軍の)包囲による脅威のため、より有利な戦線へと撤退した」と説明した。ウクライナ軍も1日、数千人規模のロシア軍部隊を包囲したと発表。リマンに到着し、乗用車のボンネットに乗ってウクライナ国旗を振るウクライナ軍兵士の動画を投稿していた。【金寿英】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...