ハリス氏DMZ訪問や米韓軍事演習など反発か 北朝鮮、ミサイル発射

 韓国軍合同参謀本部は28日、北朝鮮が同日午後6時10分から20分ごろにかけて、首都・平壌の順安(スナン)付近から日本海に向けて、短距離弾道ミサイル2発を発射したと明らかにした。北朝鮮は25日にも北西部の平安北道(ピョンアンプクド)泰川(テチョン)付近から日本海に短距離弾道ミサイル1発を発射したばかり。
 同本部は「韓国軍は韓米間で緊密に協力しながら万全の態勢を維持している」としている。
 ハリス米副大統領は29日に韓国を訪問し、北朝鮮との軍事境界線付近の非武装地帯(DMZ)を訪れる予定。米国と韓国の同盟関係に基づいた防衛態勢の強化を印象づける狙いだ。さらに米韓両海軍は26~29日の4日間の日程で、海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」も参加した合同軍事演習を日本海で実施して、北朝鮮を強くけん制している。今回の弾道ミサイル発射は、こうした動きに強く反発した可能性が高い。【ソウル坂口裕彦】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...