yahoo

ロシア軍事同盟に不満=支配地域喪失のアルメニア

2022.11.24 08:15
rss 時事通信社
ニュース
コメントする
 旧ソ連圏の集団安全保障条約機構(CSTO)首脳会議が23日、アルメニアの首都エレバンで行われ、開催国のパシニャン首相が、軍事同盟の在り方に不満を表明した。ロイター通信などが伝えた。  アルメニアは、係争地ナゴルノカラバフで2020年にアゼルバイジャンと衝突し、支配地域の多くを失った。CSTOの「機能不全」への不満を盟主ロシアのプーチン大統領にぶつけた。  パシニャン氏は会議冒頭、「アルメニアがCSTOに加盟していても、アゼルバイジャンの侵略を防げなかったのは残念だ」と述べた。無為無策により、アルメニア内外で軍事同盟のイメージが「著しく損なわれた」と苦言を呈した。 【時事通信社】 〔写真説明〕アルメニアのパシニャン首相=10月6日、チェコ・プラハ(EPA時事)
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間