米ネトフリ、11月に広告プラン=12カ国で、日本は200円安く

 【シリコンバレー時事】米動画配信大手ネットフリックスは13日、広告付きのプランを11月から日米など12カ国で始めると発表した。月額料金は米国が従来の最低価格より3ドル安い6.99ドル(約1030円)で、日本は200円安い790円。低料金プランを打ち出し、インフレによる節約志向の高まりなどを背景とした有料会員数の減少を食い止める。  広告は1回当たり15~30秒で、1時間で計4~5分流れる。国ごとや視聴しているジャンルなどに応じ、効果的に広告を打てる仕組みを整えた。既存プランとは異なり、作品数は制限され、ダウンロードもできない。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...