yahoo

「安全神話」常に注意を=更田規制委員長、最後の定例会見

2022.09.21 19:03
rss 時事通信社
ニュース
コメントする
 退任を控えた原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日、最後となる定例記者会見に臨んだ。「規制当局が事業者をおもんぱからない。安全神話の復活を絶対許さない。この2点は貫けたと思う」と振り返った上で、「緩めばまた復活する。ずっと注意し続けることが重要だ」と訴えた。  次期委員長の山中伸介委員に対しては「(事務局の)原子力規制庁の追認機関にならないよう、必要ならいつでもひっくり返し、調べ直すという姿勢が大事だ」とアドバイスを送った。   事故を起こした東京電力福島第1原発の廃炉作業については、放射能汚染水を浄化した処理水の海洋放出が「計画通りに実行されることを願っている」と話す一方、「もっと難しい固体廃棄物という難問が残っている。まだまだこれからだ」と話した。  更田氏は2012年9月の規制委発足と同時に委員に就任し、17年9月に委員長に就いた。更田氏が退任すると、発足時の委員はいなくなる。(了) 【時事通信社】 〔写真説明〕最後の定例記者会見に臨む原子力規制委員会の更田豊志委員長=21日午後、東京都港区
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間