国の責任認め、賠償命令=鬼怒川決壊で大規模水害―水戸地裁

 2015年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊して大規模な水害が発生したのは、河川管理に不備があったためだとして、被災した茨城県常総市の住民ら約30人が国を相手に約3億5870万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、水戸地裁であった。阿部雅彦裁判長は国の責任を一部認め、計約3900万円の賠償を命じた。   住民側は訴訟で、堤防が決壊した同市の上三坂地区について、堤防が低く優先的に対策を講じるべきだったのに、国は改修を後回しにしたと主張した。  水があふれた若宮戸地区についてはそもそも堤防がなく、その役割を果たしていた砂丘林を開発が制限される河川区域に指定していなかったため、業者による掘削を招き、水害につながったと訴えた。  国側は、河川全体のバランスを考えて堤防整備を進めており、手順は妥当だったと反論。砂丘林は堤防の役割を果たすものではなく、河川区域への指定も法令上求められていないとした。(了) 【時事通信社】 〔写真説明〕鬼怒川決壊訴訟で、水戸地裁に向かう原告団=22日午後、水戸市

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...