日台同性婚認める=カップル勝訴、婚姻届受理命令―台北裁判所

 【台北時事】日本と台湾の同性カップルが台湾当局による婚姻届の不受理処分取り消しと受理を求めた訴訟で、台北高等行政法院(裁判所)は21日、不受理処分の取り消しと受理を命じる判決を言い渡した。台湾で初めて日本人を相手とする同性婚が成立する見通しとなった。  勝訴したのは、南部・屏東県在住の有吉英三郎さん(42)と盧盈任さん(34)。2人は昨年5月に婚姻届を提出したが、台湾では外国人との同性婚は相手の出身国でも同性婚が認められている場合に限定していると退けられて受理されず、同12月に提訴に踏み切っていた。 【時事通信社】 〔写真説明〕21日、台北高等行政法院(裁判所)前で、勝訴を喜ぶ有吉英三郎さん(前列中央)と盧盈任さん(同右)

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...