【イスタンブール時事】ウクライナ軍は3日、声明を出し、東部ルガンスク州の最後の拠点リシチャンスクから部隊を撤退させたことを認めた。ロシア軍は隣接するドネツク州でも制圧作戦を強化しており、3日、同州のスラビャンスクなどで攻撃を激化させた。  軍は声明で、リシチャンスクの戦況について「ロシアの占領部隊がさまざまな面で優位に立っていた」と指摘し、抵抗を続ければウクライナ側にとって「致命的な結果」になりかねなかったと強調。兵士らの命を守るため、撤退の決断を下したと説明している。  ロシア国防省はこれより先、ロシア軍がリシチャンスクを陥落させ、ルガンスク州全域を制圧したと宣言した。  ウクライナのメディアによると、ロシア軍によるスラビャンスクに対する3日の砲撃で少なくとも6人が死亡、15人が負傷した。砲撃は以前より激しさを増しており、近隣のクラマトルスクでも被害が出たという。  一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は3日、首都キーウ(キエフ)を訪れたオーストラリアのアルバニージー首相と会談した。ゼレンスキー氏は会談後の記者会見で、ルガンスク州の状況について「リシチャンスク郊外で戦闘が起きている」と述べ、ロシアは同州の全域を完全には支配していないと訴えた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 東部拠点撤退、ウクライナ認める=ロシア軍攻撃、ドネツク州で激化