ロシアの新興財閥(オリガルヒ)の大富豪オレグ・デリパスカ氏は28日、ロシアがウクライナを破壊することは「大きな間違いだ」と述べた。モスクワでの記者団への発言としてロシア紙RBK(電子版)などが報じた。  プーチン政権に近いとして米政府の制裁対象になっているデリパスカ氏だが、2月にロシアがウクライナに侵攻した直後には通信アプリに「平和が非常に重要だ」と投稿するなど反戦の立場をにじませている。侵攻に関し、プーチン政権は国内で言論を徹底的に統制し、反戦機運の封じ込めを図っている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ウクライナ破壊「大きな間違い」=ロシア大富豪が発言