【ニューヨーク時事】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、5月27日に支払期日を迎えた外貨建てロシア国債について、デフォルト(債務不履行)に当たるとの見解を表明した。格付け大手各社は既に、経済制裁を背景にロシアに対する格付けをすべて撤回済み。このためムーディーズも正式な格付けではなく、コメントの形式となったが、格付け大手が非公式ながらロシアのデフォルト認定に言及するのは今回が初めて。  ロシアの外貨建て債務のデフォルトは、ロシア革命後の1918年以来、約1世紀ぶり。 【時事通信社】