新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金制度と家賃支援給付金制度を悪用して現金約600万円をだまし取ったとして、広島県警捜査2課などは23日、詐欺容疑で、弁護士の会社役員加島康介(47)=同県東広島市=、会社役員熊本俊二(56)=広島市南区=両容疑者を逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。
 県警によると、弁護士が持続化給付金と家賃支援給付金をめぐる詐欺容疑で逮捕されるのはそれぞれ初めて。 
 逮捕容疑は2020年10~12月、加島容疑者がホテル経営のため設立した会社の収入が、新型コロナの影響で減少したとする虚偽の申請をして、持続化給付金と家賃支援給付金計約600万円を詐取した疑い。(了)【時事通信社】