【ワシントン時事】米国立アレルギー感染症研究所は15日、バイデン大統領の首席医療顧問を務める同研究所のファウチ所長(81)が新型コロナウイルスの簡易検査で陽性と判定されたと発表した。ワクチンの追加接種「ブースター」を2度受けており、症状は軽く在宅で勤務を続ける。バイデン氏とは濃厚接触していないという。  ファウチ氏は米政府のコロナ対策の「顔」としてパンデミック(世界的大流行)初期から感染拡大防止に取り組み、マスク着用やワクチン接種、社会的距離の確保などの政策を進めてきた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ファウチ氏がコロナ陽性=米感染対策の「顔」