ウクライナ軍近代化を後押し=首脳会議で支援策合意へ―NATO事務総長

 【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は15日、ブリュッセルで記者会見し、月末にマドリードで開く首脳会議で、ロシアの侵攻を受けるウクライナへの「包括的な支援パッケージ」に合意するとの見通しを表明した。ウクライナ軍の近代化を進め、NATOとの相互運用性を高めることを長期的に後押しする。  ストルテンベルグ氏は「欧州の緊密なパートナー国の主権と領土保全への加盟国の支持は揺るぎない」と訴えた。ウクライナのゼレンスキー大統領に、対面かオンライン形式での首脳会議参加を要請していることも明らかにした。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...