米韓がミサイル8発=北朝鮮に対抗射撃

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、米韓両軍は6日、北朝鮮が5日に短距離弾道ミサイル8発を発射したのに対抗し、地対地ミサイル「ATACMS」8発を発射した。  韓国の聯合ニュースによると、韓国軍が7発、米軍が1発発射したもようだ。韓国軍合同参謀本部は「地対地ミサイル発射により、挑発地点と指揮、支援勢力に対し即時に精密攻撃できる能力と態勢を整えていることを示した」と説明した。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...