【ニューヨーク時事】週末3日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、需給逼迫(ひっぱく)懸念が広がり続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月7月物は時間外取引で一時1バレル=120ドルを超え、3月上旬以来、約3カ月ぶりの高値を付けた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米原油続伸、120ドル台=供給逼迫懸念で3カ月ぶり