北欧2国の安全「保証の用意」=NATO加盟まで―米大統領補佐官

 【ワシントン時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は18日、北大西洋条約機構(NATO)加盟を申請した北欧のフィンランドとスウェーデンについて「(加盟までの間)いかなる侵略も容認しない。抑止力と防衛が必要な場合、米国は保証する用意がある」と明言した。ホワイトハウスで記者団に語った。  サリバン氏は、北欧2カ国への安全保障上の約束や行動に関し「米国と両国の国防当局で作戦・技術のレベルで協議が進行している。NATOの一部同盟国や友好国も交えて話し合っている」と説明した。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...