【ニューヨーク時事】資産運用最大手の米ブラックロックは14日、2021年末時点の資産運用残高が初めて10兆ドル(約1140兆円)を突破したと発表した。世界的な金融緩和を背景に株価が上昇する中、株式などで運用する上場投資信託(ETF)に資金が集まった。  昨年の純資金流入額は約5400億ドル。「iシェアーズ」のブランドで知られるETFに約3000億ドルが流入。より高利回りを目指すアクティブ運用のファンドにも、機関投資家から資金が流れ込んだ。さらに株価などの相場上昇が、運用残高を押し上げた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米ブラックロック、運用資産1000兆円突破=株価上昇で