【パリ時事】欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)は14日、フランス西部ブレストで行われたEUの外相会議終了後に記者会見し、「3月末に中国とEUの首脳会談が開催される」と明らかにした。外相会議は13日から2日間行われ、台湾の代表機関開設を認めたリトアニアに対して中国が貿易面で圧力を強めている問題の対応を協議した。  台湾は昨年11月、リトアニアの首都ビリニュスに、大使館に相当する「台湾代表処」を開設した。「一つの中国」原則を掲げる中国はこれに猛反発。リトアニアからの輸出品が中国の税関を通らなくなり、他のEU加盟国から中国への輸出にも影響が出ているとされる。  ボレル氏は、EU各国の外相が「域内市場への影響と、どのように緊張を緩和するかを話し合った」と説明。共同で記者会見したEU議長国フランスのルドリアン外相も「リトアニアへの完全な連帯を確認し、中国の威圧的な行動を非難した」と述べた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 EU、3月末に中国と首脳会談=リトアニアへの圧力非難