大阪市此花区の物流会社「日立物流西日本」舞洲営業所の倉庫で昨年11月に起きた火災で、大阪府警捜査1課は15日、現住建造物等放火容疑で、現場で働いていた府内に住む派遣社員の少年(19)を逮捕した。  同課によると、少年は容疑を認め、「同僚からたたかれるなどの暴行を受け、一緒に働きたくなかった。別々にしてほしかったから火を付けた」などと説明している。  逮捕容疑は昨年11月29日朝、6階建ての倉庫1階にあった段ボールパレットに火を付けた疑い。   同課などによると、6日目に鎮火し、女性1人が軽症となった。今月14日朝、同市西淀川区にある倉庫の同社が管理する区画で再び火災が発生。双方で働いていた少年が、いずれも関与を認めたという。(了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 放火容疑で19歳少年逮捕=物流倉庫の火災―大阪府警