約53万人が志願した大学入学共通テストが15日、全国で始まる。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が急速に広がる中、本格的な大学入試シーズンが幕を開ける。  テストは全国677の試験場で実施。2日間の日程で、15日は地理歴史・公民と国語、外国語(英語リスニングを含む)、16日に数学と理科の試験が行われる。  大学入試センターによると、志願者は昨年から約4800人減の53万367人。このうち現役生は約45万人で、浪人生は過去最少の約7万人。共通テストを利用する国公私立大・短大は864校に上る。  各試験場では、受験生にマスクで鼻と口の両方を確実に覆うよう義務付けるなど、感染防止策を徹底。無症状などの条件を満たした濃厚接触者は別室受験となる。コロナ感染のほか、発熱やせきなど体調不良の場合は、29、30日の追試験を申請できる。  共通テストは大学入試センター試験の後継に当たり、今年で2回目。複数の資料から情報を読み解くなど、思考力や判断力、表現力を重視した問題が出題される。(了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 共通テスト始まる=コロナ急拡大下、53万人志願