ラグビーの第58回全国大学選手権は26日、東京・秩父宮ラグビー場などで準々決勝が行われ、関東対抗戦優勝の帝京大と同3位の明大、関東リーグ戦を制した東海大、関西リーグ王者の京産大が4強入りを決めた。来年1月2日の準決勝は東海大―明大、帝京大―京産大の顔合わせ。  明大は前回準優勝の早大に20―15で逆転勝ちした。帝京大は同大に76―24で快勝。東海大は慶大を27―12で破り、京産大は日大に27―26で競り勝った。 (了) 【時事通信社】 〔写真説明〕早大戦の後半、攻め込む明大の伊藤(中央)=26日、東京・秩父宮ラグビー場

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 明大、早大破り4強=帝京大、東海大、京産大も―全国大学ラグビー