【ワシントン時事】米国防総省は29日、バイデン政権下で進めていた「世界規模の米軍態勢の見直し(GPR)」で、インド太平洋を「最重要地域」に位置付け、中国の侵略行為を抑止するために態勢を強化すると発表した。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 インド太平洋「最重視」=米軍態勢の見直し