衆院は14日午後の本会議で解散される。政府は続く臨時閣議で衆院選を「19日公示―31日投開票」とする日程を正式決定する。新型コロナウイルス対策やコロナ禍で疲弊した経済の立て直しが争点となる。2012年12月から約9年の長期に及んだ安倍・菅政権への評価も問われそうだ。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 衆院解散、総選挙へ=安倍・菅政権の評価問う―19日公示、31日投開票