【ワシントン時事】米労働省が14日発表した8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.3%上昇だった。伸び率は約13年ぶりの大きさとなった前月(5.4%)から小幅に縮小し、10カ月ぶりに鈍化した。新型コロナウイルス危機からの急回復で原材料の供給制約や人手不足が重なり、物価が高止まりしている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米消費者物価、5.3%上昇=高水準続く―8月