静岡県熱海市で起きた土石流で被害を受けた住民が2日、市内で記者会見し、崩落した盛り土の危険性に気付かなかったとして行政の対応を批判した。行政の不作為が被害拡大につながったと指摘し、盛り土の造成業者とともに県や市への損害賠償請求を検討していることを明らかにした。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 盛り土めぐり賠償請求検討=被災者が行政の対応批判―熱海土石流