自民党の下村博文政調会長は2日、2021年度の最低賃金を引き上げる審議会答申に関し、「最低賃金は引き上げるべきだが、企業に対する支援もしっかり行うべきだ」と述べ、雇用コスト上昇を踏まえた追加経済対策を政府に提言する考えを明らかにした。21年度補正予算を編成し、党の具体策を反映させるよう求める。党本部で記者団の質問に答えた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 賃金引き上げで企業支援を=自民幹部