東京五輪で表面化した、インターネット交流サイト(SNS)での選手への中傷問題。標的になった選手からは「見たくなくても目に入ってしまう」「我慢ならない」と悲痛な声が相次いでいる。選手がSNSを使う限り、被害は防ぎようがないのか。専門家は「社会全体での多角的な対策が必要だ」と訴える。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 「見たくないのに」選手涙=相次ぐSNS中傷、どう防ぐ―東京五輪