千葉県八街市で6月、トラックが小学生の列に突っ込み児童5人が死傷した事故で、運転手の梅沢洋被告(60)=自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪で起訴=の勤務先の親会社が安全運転管理者を置いていなかったとして、県警が8月中にも、道交法違反容疑で書類送検する方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 トラック親会社書類送検へ=児童5人死傷事故―千葉県警