超党派の日華議員懇談会(会長・古屋圭司元国家公安委員長)は29日、米国、台湾の議会関係者とオンラインで戦略対話を行った。東・南シナ海の現状を変えようとする中国の動きに懸念を示し、台湾海峡の平和と安定のため連携することを確認した。世界保健機関(WHO)への台湾のオブザーバー参加についても意見を交わした。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 中国海洋進出に懸念=日米台議員が戦略対話