【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、事実上のゼロ金利政策と量的緩和策の維持を全会一致で決めた。景気については「引き続き力強さを増した」との認識を改めて示した。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米、ゼロ金利と量的緩和維持=景気は「引き続き力強さ増す」―FRB