体操は28日、男子の個人総合決勝が行われ、初出場の19歳、橋本大輝(順大)が6種目合計88.465点で金メダルを獲得した。2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の内村航平(ジョイカル)に続いて3大会連続で日本勢が制覇。五輪の体操で日本の獲得メダル数は男女計100個に到達した。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 19歳橋本、逆転金メダル=日本勢が3大会連続制覇―体操個人総合〔五輪・体操〕