6月に富山市の小中学校や保育施設で起きた集団食中毒で、市保健所は28日、原因物質は牛乳に含まれていた下痢原性大腸菌とみられると発表した。この日、保健所で開かれた専門家会議で発症者は1896人に上ったと報告された。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 原因は下痢原性大腸菌=発症者1896人に―富山・集団食中毒