東京大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究チームは、探査機「あかつき」の赤外線カメラによる観測で、金星の夜間の大気循環を明らかにすることに成功したと発表した。金星の高層大気では、スーパーローテーションと呼ばれる超高速の東風が常に吹いているが、成果はこうした特異な大気の解明につながるという。論文は22日、英科学誌ネイチャーに掲載された。

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 金星大気、夜間も観測=探査機「あかつき」成果―東大など