【ワシントン、台北時事】米通商代表部(USTR)のタイ代表は10日、バイデン米政権発足後初めて台湾の行政院(内閣)で通商交渉を担当する※(※登にオオザト)振中・政務委員(閣僚)とオンラインで会談し、貿易・投資枠組みに関する協議を近く再開することで合意した。「一つの中国」原則を主張する中国は強く反発しそうだ。  USTRの声明によると、タイ代表は会談で「貿易・投資関係の重要性」を強調し、「多国間機関における共通の懸念事項」についても意見を交わした。米台が1994年に署名した「貿易・投資枠組み協定(TIFA)」に基づく協議は2016年以降停滞しているが、声明に「数週間以内」の開催に向けて取り組むと明記した。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米台、貿易協議を近く再開=閣僚会談で合意