日本サッカー協会は9日、日本で集中開催されているワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で、ミャンマー代表の用具係の29歳の男性スタッフが死亡したと発表した。日本協会によると、9日朝に大阪市内のチーム宿舎の部屋で倒れているのが発見された。死因は不明。事件性はないという。このスタッフは、これまでの新型コロナウイルス検査は全て陰性だった。  また、タジキスタン代表のスタッフ1人が9日の新型コロナ検査で陽性反応が確認されたことも発表された。他の選手らは全員陰性だったが、同日のチーム練習は中止。タジキスタンはF組2位につけ、15日にミャンマーとの最終戦を控える。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ミャンマー代表スタッフが死亡=サッカー