【ソウル時事】韓国外務省は21日、ソウル中央地裁で元慰安婦が日本政府に賠償を求めた訴えが却下されたことに関連し、「日本政府が1993年の河野洋平官房長官談話、2015年の慰安婦合意で自ら表明した責任痛感、謝罪、反省の精神にふさわしい行動を示すことを求める」という立場を表明した。  判決に関しては「詳細な内容を把握中」として具体的言及を避けたが、「『被害者中心主義』の原則に従い、被害者の名誉と尊厳を回復するため努力を尽くしていく」と強調。「慰安婦問題は世界で類を見ない戦時の女性の人権じゅうりんであり、普遍的な人権侵害の問題だ」と訴えた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 韓国外務省、慰安婦合意の精神求める=判決への言及は自制