ヤクルトは一回に4点を先制されたが、その裏に押し出し四球や西浦の左前打などで同点。1点を追う三回には西浦、松本友の連続適時打で逆転した。2年目の奥川は5回5失点でプロ初勝利。広島は中村祐が打線の援護をふいにした。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ヤクルトの奥川がプロ初勝利=プロ野球・ヤクルト―広島