柔道で1992年バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんが病気のため死去したことが24日、明らかになった。53歳だった。佐賀県出身。  古賀さんは「平成の三四郎」の異名を取り、日本選手団主将も務めたバルセロナ五輪の男子71キロ級で優勝した。五輪3大会に出場後に引退。日本女子チームの強化コーチを務めたほか、町道場を開いて後進を指導した。2004年アテネ五輪では63キロ級で優勝した谷本歩実選手が、コーチの古賀さんと抱き合って喜んだ場面がテレビで放映された。  関係者によると、病気療養を続けていた。 【時事通信社】 〔写真説明〕古賀稔彦さん(柔道五輪金メダリスト) 〔写真説明〕バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級決勝で判定勝ちした古賀稔彦さん=1992年7月31日、スペイン・バルセロナ

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 古賀稔彦さん死去、53歳=柔道五輪金メダリスト