yahoo

生育スピード約1.5倍、同時に5株栽培可能な水耕栽培キットのSNSモニター募集中

2022.11.21 14:00
WomanSmartLife
ライフスタイル
コメントする
水耕栽培装置・植物栽培用液体肥料の販売を行う協和株式会社は、2022年8月1日に発売した、家庭で簡単に水耕栽培のできる「ホームハイポニカぷくぷくII」のSNSモニターを募集します。応募期間は2022年11月18日(金)から2022年12月2日(金)までです。
本製品は専用の液体肥料を使用することで、1.5倍の生育スピードで栽培出来る他、同時に5株を栽培出来る為、ご家庭で沢山の野菜を収穫出来ます。水耕栽培をご家庭で楽しみたいという方にはぴったりの商品です。
約1.5倍の生育スピード、収穫量約3倍を実現
■ホームハイポニカぷくぷくIIについて
サイズ : 約 縦370mm×横370mm×高さ200mm
販売場所: 主にインターネット
*約1.5倍の生育スピード、収穫量約3倍を実現する
水耕栽培で定評のあるハイポニカシステム
50年以上の水耕栽培システム販売の実績のあるハイポニカが開発した水耕栽培キットです。当社製のハイポニカ液体肥料との組み組み合わせで、容易に水耕栽培を楽しむことができます。ハイポニカはほかの栽培方法と比較し、生育速度が約1.5~2倍速く、収量も3~4倍多く、栽培環境によってはホームハイポニカぷくぷくIIでも1,000個以上のミニトマトの収穫も夢はありません!(生育スピード・収穫量に関しては栽培環境によって変化します。)
*トマトなどの果菜だけでなくレタスのような葉菜も栽培可能
従来はトマトのような果菜を育てるシステムでしたが、改良された製品はレタスのような葉菜も栽培できる定植パネルを付属し、果菜でも葉菜でも栽培することができ、植物の種類が飛躍的に増えました。また、春から夏はトマト栽培、秋から冬はレタス栽培など年中栽培がお楽しみいただけます。
*コンパクトな設計と植木鉢の様な見た目
ぷくぷくIIは家庭用水耕栽培のキットの中では小型で、小さなスぺース(37cm×37cm程度)でも栽培が可能です。日照があり、電気があればどこにでも設置することができます。
市販の水耕栽培用製品の多くは室内で使用する水槽の様なキットが多いですが、本製品はベランダなどで通常の植木鉢の様な感覚で使用することが出来ます。
SNSモニター応募条件
<依頼内容>
・期間内に「ホームハイポニカぷくぷくII」にて植物を栽培し、栽培した感想をご自身のSNS(TwitterもしくはInstagram)のアカウントへ投稿いただける方
・日本国内在住の方
<募集人数>
20名
<募集期間>
2022年11月18日(金)~2022年12月2日(金)
以下の協和ハイポニカのTwitterもしくはInstagramにダイレクトメールをお送りください。
そのダイレクトメールには「ぷくぷくIIモニター募集」「お名前」「メールアドレス」「今回取り組まれる熱意!」をお送りください!
Twitter :
https://twitter.com/kyowa_hyponica
Instagram:
https://www.instagram.com/kyowa_hyponica/
※その他詳細は公式サイトをご確認ください。
(画像はプレスリリースより)
【参考】
※公式サイト
https://homehyponica.net/shopdetail/000000000151/all_items/page1/order/
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間