「Herbaria」が日本初上陸
ドイツで100年愛されてきたオーガニック調味料ブランド「Herbaria」が、日本に初上陸。2019年12月11日、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行発売を開始しました。

ドイツの老舗オーガニックブランド
「Herbaria」は、ドイツ国内4,000以上の店舗で販売される老舗オーガニックブランド。ドイツでは200種類を超えるハーブやスパイスを取り扱っています。

今回そんな「Herbaria」の商品が、クラウドファンディングサービスを通じて初上陸。「Makuake」では開始わずか1時間で目標支援額を達成した注目のブランドです。

商品の一例
「Makuake」で販売を開始したのは、こだわりの調味料ばかり。例えばシチリア産天然岩塩から作った「シシリアンロックソルト」は、一切添加物を使用せず無精製のため、ミネラルが豊富に含まれています。

また産地の異なる3種のオーガニックペッパーをブレンドした「3種のブラックペッパーミックス」は、スパイシーなペッパーの中に豊かな香りが広がります。

他にもハーブソルトやBBQスパイス、トリュフスパイスなど、日々の食事を豊かにするオーガニック調味料を取り揃えています。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※AMAND株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000052352.html

※プロジェクトサイト
https://www.makuake.com/project/herbaria/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「100年続くドイツのオーガニックハーブ&スパイス「Herbaria」日本初上陸