水没車の修理はどうしたらいい?修理と買い替えの判断基準や依頼先についても解説

台風や津波で車が水没してしまった際に、どうすればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。「大事に乗ってきたから修理して乗り続けたい」という方も少なくないかもしれません。今回は水没車の修理や依頼先、買い替えとの判断基準について解説していきます。車が水没して困っている方や、水没可能性が高い地域にお住まいの方は参考にしてください。 そもそも水没車の定義とは 水没車とは、「集中豪雨や洪水などにより、室内フロア以上に浸水したもの、または、その痕跡により商品価値の下落が見込まれるもの」であると一般社団法人日本自動車査定協会(JAAI)に定義されています。端的にいえば、車内が浸水するなど通常では起こりえない水害を受けた状態であるといえるでしょう。 車は想定内の雨などには対応できる防水構造となっています。しかし、エンジンや室内が浸水すると、直後の不具合だけでなく後に重要な部品のサビや電気系統のトラブルに発展する可能性が高いといえます。最悪の場合は走行中にエンジンが止まるなどの重大事案につながるので、水没車の運転には最新の注意が必要です。 水没車を修理できるケース 水没車を修理できるケースについて解説します。 タイヤの下半分までの浸水 タイヤの下半分までの浸水は、簡単な整備や修理で対応できる場合が多いといえます。室内への浸水がない状態だと、タイヤやブレーキ周り(ローターやディスク)の分解清掃や交換で解決できる可能性が高いでしょう。ただし、車高の低い車はエンジンや室内が浸水することもあるので、業者に点検整備を依頼することをおすすめします。 タイヤの上半分までの浸水 タイヤの上半分までの浸水は、ドライブシャフトの交換が必要になる可能性が高くなります。ドライブシャフトとは、エンジンの動力を車輪に伝える重要な役割を果たすパーツです。水没により潤滑油が流れ落ちて故障するケースや、泥の付着で機能不全を引き起こします。こちらも車高の低い車は他の箇所への浸水がないかを合わせて点検依頼すると良いでしょう。 水没車を修理できない可能性が高いケース 続いて、水没車を修理できない可能性が高いケースについて解説します。 排気口以上の浸水 車の排気口以上の浸水は、エンジンが全壊となる可能性があります。必ずしも起こるわけではなく、排気口を通じて水がエンジン内に吸い上げられた場合にウォーターハンマーという症状が起こります。ウォーターハンマーとは、ガソリンと違って圧縮できない水がシリンダー内部に入ることでピストンの反動を受け、コンロッドというパーツが破壊されることです。 この症状が出た場合は、エンジン自体が機能しなくなるため修理ができないと考えた方がいいでしょう。エンジンは車の心臓部といえるので、修理ではなく交換することで走行できるようになります。しかし、費用的な面から考えても現実的ではありませんので、車を買い換える方がよいかもしれません。 水没車を修理せずに買い換えた方が良いケース 水没車を修理せずに買い換えた方が良いケースについて具体的に解説していきます。 電気系統にトラブルが起きている 電気系統にトラブルが起きている場合は、修理ではなく買換えを検討しましょう。水没による電気系統へのダメージは、車が走行中に停止するトラブルを引き起こすことがあります。また、海水は淡水とは異なり電気を通すため、浸かると最悪の場合は車体が炎上する恐れがあることを知っておきましょう。また、ハイブリッドカーや電気自動車は漏電の危険性もあるので水没時は注意が必要です。 エンジンが動かない ウォーターハンマーは、エンジン内に水が侵入した状態で始動させた時に起こり全壊へと至ります。これは排気口からの侵入だけでなく、エアクリーナーから水が入った場合も同様です。駐車中の車が水没してエンジンを始動しなかった場合でも、エンジンのオーバーホールや交換が必要となるので数十万〜100万円単位の費用負担が発生します。 シートの上部まで水没している シートの上部まで水没している場合は、買い換えを検討しましょう。シート全体が水没している状態は、車内に雑菌やカビの繁殖とサビを発生させます。また、その高さまでの水没となると、エンジンや電気系統の異常が高確率で発生するので乗り続けることはおすすめできません。 水没車の修理費用 水没車の修理費用は一概には算出できません。定義通り室内フロア以上の浸水したものであればエンジン修理に数十万〜100万円、足回りの分解清掃やパーツ交換に数万円〜数十万円、室内クリーニングに数万円といった費用が予想できるでしょう。 しかし、軽微な被害でなければ水没車として売却し、新車や中古車に買い換える方が現実的といえます。まずは業者に点検整備を依頼して、修理が可能かどうか見積りから判断することがおすすめです。修理ができても今後の不安が完全に払拭できないケースもあるので、業者からのアドバイスを参考にしてください。 水没車の修理の依頼先 水没車の修理の依頼先について解説します。 ディーラー 水没車の修理をディーラーに依頼するメリットは、純正部品の交換による安心を提供してくれることです。車の部品はパーツ単体ではなく、複数の部品が組み合わされたユニット(ASSY)が多用されます。各パーツの部品を分解清掃するのではなく、新品同様のASSYによる交換が施されるので、修理よりも新車に近い状態になって戻ってきます。 しかし、費用面で高額になることも多く、状態によっては買い換えた方がお得になるケースもあるので担当営業やサービスフロント、整備士の方とよく相談した上で修理をするか買い替えを選ぶかを判断しましょう。車両保険が使える場合は保険会社との連携も期待できます。 町の修理工場 町の修理工場で水没車の修理を依頼するメリットは、費用を抑えることができることです。部品をそのまま活用して分解整備などで修理してくれることが多いので、ディーラーよりも格安なことが多いといえます。しかし、車の特徴によって得手不得手があり、知識の面でもディーラーより浅いこともあるので依頼先は慎重に見極めましょう。
  • ...続きを読む
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...