言わずと知れた英国の老舗《バブアー》が今年、ブランド創立125周年を迎える。アニバーサリーイヤーを記念して、《イセタンメンズ》が世界中で愛され続ける定番ブルゾン“BEDALE(ビデイル)”をフィーチャー。《バブアー》を愛してやまないジャパンブランドを代表して《ケネスフィールド》《モヒート》《オーベルジュ》の3ブランドが、それぞれのアプローチで作った限定コレクションを展開する。

 

単体で着回し力を発揮する《ケネス フィールド》のライナー

フォックスフランネル生地を用いた《ケネス フィールド》のライナーは、ブルゾンとドッキングさせて着るだけでなく単体でも活躍する。《バブアー》の定番ブルゾン“BEDALE”の上から羽織ったコーディネートが新鮮。

温かみと気品を兼ね備えたライナーは、英国の老舗フォックスブラザーズ社製の高品質フランネル生地を採用。ネイビーコーデュロイのパイピングや胸のワッペンが程よいアクセントとして、着こなしをシャープな印象に引き上げる。

 

ライナー¥39000※ブルゾンは別売り/ KENNETH FIELD™、ブルゾン(メンズ)¥49000、(レディース)¥38000/ともにBarbour(以上すべて伊勢丹新宿店メンズ館7階)、その他 スタイリスト私物

 

《オーベルジュ》のブルゾンは英国マインドを象徴する主役感

“修理して着る”という英国紳士流マインドをイメージソースに、ヴィンテージブルゾンのパーツをパッチワーク。伝統に裏打ちされた行儀の良さと遊びのある洗練度を兼ね備え、シンプルに着るに相応しいコーデの主役。

アームホール部分を切断し、リントンツイードで繋げてポンチョ風に仕上げたレディースアイテム。素朴な印象のブルゾンと重厚なツイード生地のコントラストが絶妙。Aラインシルエットがスタイルアップも叶える。

《オーベルジュ》とコラボした男女両モデルは、トラッドなブルゾンを現代的にリミックス。伝統と革新をクラフト感のある手法でリンクさせた逸品。フロントを閉めた時にちらりと見えるレオパードとツイードのライナーが粋な表情。

 

ブルゾン※ライナー付き(左メンズ)¥98000、(右レディース)¥88000/ともにAUBERGE(以上すべて伊勢丹新宿店メンズ館7階)、その他 スタイリスト私物

 

《モヒート》のライナーはユニークでこなれた表情にアップデート

ハリスツイードで作られた《モヒート》のライナーをブルゾンの下にベストとして着用。単調になりがちな着こなしに立体感とアクセントをプラスする。馴染みの良い上品なカラーリングだから大人っぽく仕上がるのが嬉しい。

《モヒート》の特徴的なライナーは色鮮やかなハリスツイード生地をクレイジーパターンとして施した愛嬌のある一枚。ブルゾンとドッキングして着ると、チェック柄が裾から可愛いらしい顔を覗かせる。上質素材の暖かな機能性もポイント。

 

ライナー¥36000※ブルゾンは別売り/MOJITO、ブルゾン¥49000/Barbour(以上すべて伊勢丹新宿店メンズ館7階)、その他 スタイリスト私物

 

(information)
伊勢丹新宿店メンズ館でスペシャルイベントを開催

「Barbour People Meeting@ISETAN」

日時:2019年9月28日(土)
場所:伊勢丹新宿店メンズ館7階=メンズオーセンティック
オイルの継ぎ足し(リプルーフ)の実演:①14:00~15:00②16:00~17:00の2部制
スナップ撮影:13:00~17:00
※《バブアー》を着てご来店された方が対象。ご協力を頂いた方には「Barbour People」ピンバッチをプレゼント
※お買い上げいただいたお客様を対象に、先着にてイラストレーターSlow Boyによるイラスト入りトートバッグをプレゼント

 

photograph : Takeshi Sasaki, styling : Kazuyuki Tamura, hair &make-up : Takuma Suga, model : Albin、Vassa kann, edit : Mariko Ema, cooperation : SPRING VALLEY BREWERY TOKYO, Props Now

情報提供元 : men's FUDGE
記事名:「 《バブアー》125周年を記念した《イセタンメンズ》限定コレクションで定番をアップデート