自転車用のサイクルライトとランタンの2通りの使い方ができるユニークなアイテムを発見! シンプルでミニマルなデザインが特徴の自転車パーツ・アクセサリーブランドMUNI(ムニ)の「MUNIランタンライト」が面白い。

「MUNIランタンライト」¥3300

「MUNIランタンライト」は、ベルトでハンドルに固定すればサイクルライトとして、自転車から取り外してシェード部分を伸ばせばランタンとして使える2WAYライト。ミルキーなカラー展開や、スイッチではなくタッチセンサーを採用することでスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

USB充電式で、サイクルライトとしてはハイ(80ルーメン)で2時間、ロー(40ルーメン)で5時間の点灯が可能。ベルトはショートとロングの2本が付属しているので、幅広いハンドルに取り付け可能だ。

ランタンとしての明るさは20ルーメンなので、周囲を明るく照らすには不向きだが、暗い場所での鍵の開閉時に手元を照らしたり、暗い夜道を歩くときにリフレクター代わりに身に着けたり、ヘッドサイドライトとして枕元に置いたり、といった使い方ができそうだ。

ムニの公式オンラインストアにて先行発売中で、順次店頭などで販売予定となっている。

【SPEC】
点灯パターン:ランタン/点灯(High)/点灯(Low)/点滅
光量:ランタン…20lm/点灯(High)…80lm/点灯(Low)…40lm/点滅…20~40lm
使用時間:ランタン…6時間/点灯(High)…2時間/点灯(Low)…5時間/点滅…6時間
充電:USB充電(リチウムイオン電池)満充電まで3時間
防水機能:IPX4相当
サイズ:ライト状態…W48mm×D48mm×H55mm/ランタン状態…W48mm×D48mm×H70mm
重量:48g
対応ハンドル径:Φ22.2~31.8mm


(問)オージーケー技研 https://ogk.co.jp/muni/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「ランタンにもサイクルライトにもなる、一台二役のスタイリッシュなライトを発見。